MENU

『トランスレスベラトロール』と『シスレスベラトロール』の違いって何?

 

「トランスレスベラトロール」と「シスレスベラトロール」の違いは?

 

 

レスベラトロールは、化学構造の違いによって『トランス型』と、『シス型』の2種類に分類されます。

 

様々な若返り&健康効果が報告されている論文のほとんどが、トランスレスベラトロールですのでトランス型であることがレスベラトロールを取る際はとても重要なポイントとなります。

     

  • トランス型は・・・新鮮な原材料から取れる熱や紫外線にも強い安定した分子構造を持ち、私たち人間の体にも吸収しやすいです。
  •  

    ※トランス型レスベラトロールは、太陽光等が原因でシス型へ変化する事もまれにあります。

     

  • シス型は・・・太陽光や熱で酸化等により分解しやすい不安定な分子構造を持っています。

 

【トランス型】は、サンタベリーや、ブドウ由来のレスベラトロールです。

 

レスベラトロールが、今、世界中の医師達から注目されるようになったのは、【サーチュイン遺伝子】に直接働きかけ、普段は眠っているサーチュインのスイッチをオンにし、活性化が期待でき若返り効果が期待できる為です。

 

サーチュイン遺伝子とは、別名若返り遺伝子、長寿遺伝子と呼ばれ私たち人間にも、老化抑制効果をもたらしてくれるのです。

 

レスベラトロールの水メインへ