MENU

白ワインにもレスベラトロールは含まれているの?

 

赤ワインにはレスベラトロールが含まれているけど・・・白ワインはどうなの?

 

 

  • 赤ワインは・・・ブドウと皮膜から作られているので、レスベラトロールの良い源です。

     

    ブドウの産地や品種によっても多少は異なりますが赤ワインは、白ワインの約4倍のレスベラトロールの含有量と言われています。

  •  

  • 白ワインは・・・ブドウの果肉から作られ、皮膜を取ってしまいますのでレスベラトロールの良い源ではありません。

 

だったら、白ワインにはレスベラトロールは含まれていないの?

 

白ワインは、ブドウの皮や材質を先に取り除いてからブドウの果肉だけを搾っている結果、赤ワインほどレスベラトロールの含有量は多くはありません。

 

ですので、白ワインには!残念ながらレスベラトロールはほぼ含まれていないとなります。

 

その理由は、赤ワインにはブドウの皮膜が含まれているのに対し、白ワインはブドウの果肉のみを使用しているからなんです。

 

但し白ワインには「チロソール」や「ヒドロキシチロソール」が含まれていて、ラットの実験でレスベラトロールと似た様な心臓疾病防止効果がある事が研究結果で分かっています。

 

ワインのざまざまな健康効果は、トランスレスベラトロールの入った赤ワインで確認されておる事が圧倒的に多いです。

 

 

赤ワインの品種によってもレスベラトロールの含有量に差がでできます。

 

レスベラトロールの含有量が多い赤ワインの品種はコチラです。

 

ピノ・ノワール

 

メルロー

 

ネオピロ

 

但し赤ワインに入っておるレスベラトロールの含有量は、赤ワイン100本で約1mlという実は極めて少ないため、赤ワインで取るより素材の原材料を確認し、成分の表示が明確で商品管理が行き届いている信頼できる安全なレスベラトロールのサプリや、レスベラトロールの水で摂取するほうが断然効果的オススメなんですよ!

 

レスベラトロールの水メインへ