MENU

レスベラトロールは乳癌予防効果があるの?

『レスベラトロールの水』は乳癌予防効果も期待できる?

レスベラトロールの効果は、研究結果で100種類にも及ぶ様々な老化抑制効果があると言われ、また癌の進行を抑制する働きがある事も期待されています。

 

レスベラトロールは、がんの進行に効果が期待できる天然成分で、自然界のスーパーポリフェノールとして今、医師達からも注目されています。

 

抗がん剤を使った化学治療と平行して、レスベラトロールを使う事で、抗がん剤の効果を上げる事が可能であると検証されているのです。

 

最近のがん治療研究において、レスベラトロールの働きで、これまでの研究では想定出来ない方法で、ガン細胞を死滅させる働きが明らかになったそうです。

 

それは、レスベラトロール本来の作用によるもので、ガン細胞を死滅させる力を持っているようです。

ガン細胞は、【ヒトエストロゲン受容体α遺伝子】と言います。

 

 

その遺伝子が陽性、陰性に関係なく、レスベラトロールがガン細胞を死滅させる事が判ったのです。

 

このような根拠からも、医師達からの注文多数であるレスベラトロールの水に対する乳癌予防効果の期待も高まり、副作用の心配もまずありません。

 

近年日本での研究で、レスベラトロールやサプリメントを一定量摂取する研究がありました。

 

研究結果は、乳がん細胞の成長を抑制する効果が期待出来るとされています。

 

また、抗がん剤にはない効果がレスベラトロールにはある事もついに判明し、レスベラトロールの効果は、ガン細胞だけにダメージを与え健康な細胞にダメージを与えることはありませんでした。

 

乳癌を防ぐとされるレスベラトロールの効果とは!?

 

今日、世界では毎年約138万人の乳がん患者が発生していて45万8千人が死亡するといわれる時代となりました。
乳癌は、喫煙者、肥満、糖尿病、不妊や未婚女性に多いといわれますが、明確な原因はいまだに不明です。

 

アメリカでは最大の原因を西欧風ライフスタイルによる糖尿病、肥満、動脈硬化を原因とする遺伝子変異と捉えています。

 

早期発見が完治のカギですが、死者の内、約26万9千人は経済面から発見が遅れる低所得層が多い国。これらの国は毎年着実に患者数が増加してる状況です。

 

少量のレスベラトロールがエストロゲンの作用を抑制する?

 

乳がんの形成は患者の遺伝子の相違や異なった要因などによって、複雑な段階を経ます。

 

多くの乳がんのエネルギーがエストロゲンの増加であることは多くの科学者に異論がないようです。

 

少量のレスベラトロールで副作用なしで乳癌が防げるの?

 

本当に僅かな量のレスベラトロールが、細胞内でのエストロゲンを防ぐことができることです。副作用も少量ならまずありませんね。やはりどんなに良いとされているものも、過剰摂取には注意が必要です!非常に効果が高いのは、裏を返したら副作用の心配も上がる可能性は高くなりますね。

 

また、成分にアレルギーの心配がある方はお控え下さい。。

 

わかさ生活のレスベラトロールの水は1本に12mlと決して多くはありませんので、過剰摂取の心配、副作用の心配もまずありません!

 

レスベラトロールの水メインへ